お知らせ

講演会「1ミリでも進める子どもの貧困対策」 

【湯浅誠 プロフィール】

社会活動家。法政大学教授。

東京大学 大学院中退後、990年代よりホームレス支援に従事。2009年から内閣府参与に就任。内閣官房社会的包摂推進室長、震災ボランティア連携室長など。政策決定の現場に携わったことで、官民協働民主主義の成熟が重要と痛感する。

 

『「なんとかする」子どもの貧困』(角川新書、2017年)、『ヒーローを待っていても世界は変わらない』(朝日新聞出版、2012年)、『反貧困』(岩波新書、2008年、第8回大佛次郎論壇賞、第14回平和・協同ジャーナリスト基金賞受賞)、『貧困についてとことん考えてみた』(茂木健一郎と共著、NHK出版、2010年)。

Yahoo「オーサーアワード」受賞、法政大学「学生が選ぶベストティーチャー」。NHK第一ラジオ「マイあさラジオ」、文化放送「大竹まことゴールデンラジオ」レギュラーコメンテーター。

フェイスブック:https://www.facebook.com/makoto.yuasa.14/